FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

凸━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━凸
                                29-01-02
        ドイツの古城    〜歴史の旅
       【第3号  ジグマリンゲン城】
                       http://burgen.hoops.ne.jp/
凸──────────────────────────────────凸

○はじめに

 みなさんこんにちは,発行人のぺんたです。みなさんは,ドイツに一体いくつ
の城があると思いますか。答えは,沢山です。1万とも2万とも言われています。
 どの城にもその城の歩んだ歴史がありますので,それをみなさんに紹介します。

 第3号は,ドナウ川上流にある貴族の名門ホーエンツォレルン家のジグマリン
ゲン城です。ホーエンツォレルン家と言えば,皇帝やプロイセン国王を輩出して
いる名門家系です。
 ホーエンツォレルン家については,

http://users.goo.ne.jp/mako_vl/brandenburghohenzollern.html
http://users.goo.ne.jp/mako_vl/hohenzollernzollern.html

で系図を見ると,どういう家柄なのかよく理解できると思います。傍系が沢山あ
るだけに,また大変なんですけど。


●ジグマリンゲン城(Schloss Sigmaringen)

 1017年にこの地にローマの塔という名の最初のブルクが建てられたと言われて
います。アルマン人が入植し,ジグマリンゲン村が形成されていたことが調査に
より分かっています。
 初めて文献に登場するのは1077年です。ここの城主が皇帝ハインリッヒ四世の
友人として対立国王ルドルフ・フォン・シュヴァーベンと戦います。包囲はかな
り長期に及び,それに対抗しました。
 1290年に一旦ハプスブルク家のものになりますが,1325年には既にヴュルテン
ベルク伯爵家のものになっていました。
 1399年までジグマリンゲンとフェアインゲンを抵当としてエバーハルト・フォ
ン・ヴェルデンベルクが保持します。
 1459年にヨハンとエリザベート・フォン・ヴュルテンベルクがジグマリンゲン
領を買い戻すために救済結婚します。
 1460年に皇帝フリードリッヒ三世がジグマリンゲンを封土として与えます。こ
の時代の城の敷地面積は,現在の城の敷地面積とほぼ同じであったことが分かっ
ています。
 1526年に最後のヴェルデンベルク家の城主フェリックス・フォン・ヴェルデン
ベルクがアイテル・フリードリッヒ三世・フォン・ホーエンツォレルンの未亡人
と結婚します。

 1535年に正式にホーエンツォレルン家の所有となります。
 三十年戦争(1618-1648)時,皇帝&カトリック側について戦います。シュロス
は破壊され,耕地は荒れます。そして再建します。
 1634年に傍系のホーエンツォレルン・ハイガーロッホ家が断絶したので,その
所有を統合しました。
 1827年に宮廷劇場が建設されます。シラーの劇やモーツァルト,ロッシーニの
オペラ等がここで催されたそうです。
 1849年12月7日,ドイツ統一の考えに従い,侯爵領を条約に基づいてプロイセ
ン王家に譲渡することを決意しました。城主のカール・アントン侯爵にとっては
かなり重い決断だったようです。
 1850年にカール・アントンはラインプロヴィンツとヴェストファーレンの軍政
長官の職に就きます。後にはプロイセンの首相になりました。芸術嗜好の人で,
城の有名なコレクションはこの人が集めたものです。現在の城の外観は,ほぼこ
の人の時代からのもののようです。
 1861年に跡取息子がポルトガルとザクセン公爵家の娘と結婚します。
 1866年4月20日に次男がルーマニア侯爵になり,1881年3月26日よりルーマニ
ア国王となりました。
 1893年にシュロスが火事で焼けてしまいます。ノイバウと呼ばれる部分はこの
ときに焼け落ち,再建された部分です。
 現在もその子孫,ホーエンツォレルン侯爵フリードリッヒ・ヴィルヘルムの所
有になっています。


開館時間 
 5月〜10月:9:00〜16:45
 11月,2月〜4月:9:30〜16:30
 見学はドイツ語のガイドツアーのみ。1月,12月は休館です。

所在地 
 Schloss Sigmaringen 72488 Sigmaringen
 Tel. 07571-729110   Fax. 07571-729105

公式サイト
http://www.hohenzollern.com/
ドイツ語,英語,フランス語
美しい城館です。


●超手短探訪記

 城の内部は床を傷つけないように赤絨毯の上のみを歩く(出来るだけ踏み外さ
ないように)。内部撮影はフラッシュ無しで個人利用のみ可とのこと。

 最初の部屋では一対のマクシミリアン式甲冑がお出迎え。歴代当主の肖像画が
描かれている部屋は,人物うんぬんよりも中世後期からの服装の変遷が分かって
面白い。狩猟の間には熊の剥製と,射止めた銃と,その熊を仕留めた時に撮った
と思われる仕留めた熊の上に座ったイカニモな写真。

 すべての部屋を紹介したいところだが,その中で特に目を惹いたのは「武器庫」。
所狭しと並んだ3000点に及ぶ武器のコレクション。おなじみハルバードからレイ
ピア,ソード,フレイル,etc.。実用的な武器から,どう見ても実用的でない装
飾用の武器防具まで。ドリルなレイピアとかね。
 あ,東南アジア系の武器がある。おっ!日本の甲冑があるよ!!専用にハンガ
ーに掛かってないからぐにゃっとしてるけど。
 後ろから聞こえた若いドイツ人男性二人組の話し声:

「おい,見ろよ!中国の鎧があるぜ!!」

(違〜〜うっ!!あれは日本の鎧だバカもん。日本と中国の区別もつかんのか。)
  ↑↑↑↑
  心の叫び

 日本の侍とモンゴル兵士の区別もつかないという噂もあるから,無理もないか。

 最後のガイドツアーにぎりぎり参加し,ガイドツアーが終わるともう閉まって
いた(;。;)。天気もそんなに良くなかったけど,天気の良い日にゆっくり城
の周りを散歩したいと思わせるところだな。



○基本用語ミニミニ解説
 ブルク(Burg)
    城砦。中世騎士の時代に主に建てられた,軍事機能に重きを置いた城。居住
    性に乏しい。

 シュロス(Schloss)
    城館。騎士の時代も終わり,軍事機能よりも居住性が重要視されるようにな
  った城。


○あとがき

 ここは私が行った城の中では超お気に入りの,お勧めの城です。
 単に豪華なだけの城と言うものは数多くあれど,ここは品の良い豪華さと言う
か,落ち着いた豪華さがあると言うか,生活の匂いがすると言うか,今生活して
も遜色ないと言うか…。生活を感じさせるところが良いね。言葉で上手く表現で
きないけれど,とにかく素晴らしいと思いました。
 この城は午後に行き,午前中は他の城に言ったのですが,午前中に見た他の城
の内容はこの城のあまりの良さに,ぶっ飛びました。
 上流貴族の館,かくあるべし!!
 展示の仕方が良いのかな。


次号予定,身分は下がって騎士階級,ブロイベルク城。
凸──────────────────────────────────凸

    発行人:ぺんた
    サイト:http://burgen.hoops.ne.jp/
    ※ご意見・ご感想・間違いの指摘等,お願いします。
  ※旅行相談はお断りいたします。

  登録・解除,バックナンバー閲覧は http://burgen.hoops.ne.jp/mm.html

  ※無断転載・引用を禁じます。
  ※このメルマガによるいかなる損害も補償いたしません。
凸━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━凸
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行
しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000082028)
	

BACK HOME