FX自動売買
禁断のケーキ
恋活
家電バーゲン

4/4 Page
前ページ INDEX(写真付き) HOME INDEX(写真無し)

カイザープファルツ・ニュルンベルク
(Kaiserpfalz Nürnberg

カイザーブルク(Kaiserburg)+ブルクグラーフェンブルク(Burggrafenburg)
+フォアブルク(Vorburg)+皇帝の馬小屋(Kaiserstallung)=皇帝の王宮(Kaiserpfalz)

画像をクリックすると,大きくなるよん
城下町の写真だよん

城下町だよ〜 城下町だよ〜
天気悪〜

 えー,ドイツの国王,皇帝の表を見ながらご覧頂くと,多少理解はしやすいかも。。
 この城の歴史って,中世ドイツの政治の中心地だっただけに,中世ドイツの歴史そのものなのかも。
1050
ニュルンベルクが始めて文献に登場する。皇帝ハインリッヒ3世(Heinrich III.)の下,全バイエルンから侯爵を召集して行われた帝国会議のことが記されている。
1105
国王ハインリッヒ5世(Heinrich V.)はブルクに篭城している父親皇帝ハインリッヒ4世(Heinrich IV.)を包囲。一部が破壊される。
1130
ロタール・フォン・ズュップリンブルク(Lothar von Süpplingenburg)は,ザリエル朝が私有財産とみなしていたブルクを帝国財産とみなし,ブルク獲得に成功する。
12世紀後半
フリードリッヒ1世赤髭王(Friedrich I. Barbarossa)は各国から来た使節をここで何度も接待している。
1192
ブルクグラーフェンブルクの部分は婚姻を通じてシュヴァーベン(Schwaben)のツォレルン(Zollern)家に貸し出される。以後,城伯の地位はホーエンツォレルン(Hohenzollern)家が占有する。
1225
14歳のハインリッヒ(7世)とマルゲレーテ・フォン・オーストリア(Margarethe von Österreich),彼女の兄弟とチューリンゲン方伯の娘との2つの結婚式がブルクで行われる。この時,ケルン司教エンゲルベルト(Engelbert)を始め多くの招待客が暗殺される事件があった。
1200年代後半
ハプスブルク(Habsburg)家のルドルフ1世(Rudolf I.)はブルクを宮殿として使用した。大改築が行われる。ジンヴェルトゥルム(Sinwellturm)もこの頃造られる。
1299年頃
アドルフ・フォン・ナッサウ(Adolf von Nassau)とアルプレヒト・フォン・ハプスブルク(Albrecht von Habsburg)の下,パラスと礼拝塔(Kepellenturm)の上層部を増築。
14世紀頃
ブルクはまだ政治的中心地ではあったけれども次第にその魅力を失い,国王はブルクではなく都市の有力市民の下に宿泊するようになった。
1356
カール4世(Karl IV.)の下,選挙後の帝国会議をニュルンベルクで行うという記述を盛り込んだ,金印勅書(Goldene Bulle)が定められる。
1377
都市はブルクグラーフェンブルクを監視するために見晴台(Luginsland:ユースホステルの東端にある塔)を建築。これは城伯と都市の仲の悪さの象徴とも言える。
1415
皇帝ジギスムント(Sigismund)は城伯のホーヘンツォレルン家にブランデンブルク選帝侯の地位を与える。城伯の地位向上に伴い,元々悪かった都市と城伯の関係が更に悪化。
1422
都市と城伯の関係悪化が頂点に達し,終に争いが起こり,ブルクグラーフェンブルクは都市により大部分が破壊された。皇帝ジギスムントはブルクグラーフェンブルクの管理を町に譲渡した。
1427
城伯は壊れたブルクグラーフェンブルクを都市に売却し,ブランデンブルクに移る。都市はブルクを犯罪者や精神異常者の牢獄として使用した。
1487
フリードリッヒ3世(Friedrich III.)は詩人コンラード・セルティス(Conrad Celtis)にブルクを貸す。
1493
最後の騎士マクシミリアン1世(Maximilian I.)が行った帝国会議が,ニュルンベルクで行われた最後の帝国会議となった。以後,帝国会議はヴォルムス(Worms)やレーゲンスブルク(Regensburg)へと移された。
1494,95
カイザーシュタルンク(Kaiserstallung)が穀物貯蔵庫として建築される。この建物は16世紀に皇帝の馬小屋として使用された。現在のユースホステル。
1806
カイザーブルクはバイエルン国が管理することになった。現在でもバイエルンが管理していて,歓待に今でも使用されているらしい。
1945
第二次世界大戦により,大変な被害を受ける。
1945年以後
第二次世界大戦により破壊された部分を殆どもとの状態にまで修復。1970年にはブルクグラーフェンブルクの礼拝堂での礼拝も再開された。

開館時間
4月〜9月:9時〜18時。木曜日は20時まで
10月〜3月:10時〜16時
所在地
Staatliche Burgverwaltung Nürnberg Auf der Burg 13 90403 Nürnberg
Tel:0911-225726   Fax:0911-2059117
城主
Verwaltung der Staatlichen Schlösser, Gärten und Seen
ご意見・ご感想はぺんたまで

前ページ INDEX(写真付き) HOME INDEX(写真無し)